Git Server セットアップ 〜 Synology DS216j 編 〜

Pocket

今回はDS216jを購入した時からやってみたかった機能の一つである「Git Server」を立ち上げます。

NAS設定

「Git Server」を使えるようにするにはNAS側とPC側を設定する必要がありますので、まずはNAS側の設定を行います。

Git Serveのインストール

パッケージセンターより「Git Server」をインストールする

GitS01

「SSHサービスを有効化する。」にチェックを入れる

GitS02

Git用共有フォルダの作成

「コントロールパネル」−「共有フォルダ」を選択

GitS03

「作成」をクリック

GitS04

「名前」を入力し、「OK」をクリック

GitS05

Git用グループの作成

「コントロールパネル」−「グループ」を選択

GitS06

「作成」をクリック

GitS07

「グループ名」を入力し、次へ

GitS08

作成した共有フォルダの「読込み/書込み」にチェックを入れて、「次へ」をクリック

GitS09

「設定の確認」画面が表示されるまで「次へ」をクリックし、「適用」をクリック

GitS10

Git用ユーザーの作成

「コントロールパネル」−「ユーザー」を選択

GitS11

「作成」をクリック

GitS12

「名前」、「パスワード」を入力し「次へ」をクリック

GitS13

GitGroupにチェックを入れ「次へ」をクリック

GitS14

「設定の確認」画面が表示されるまで「次へ」をクリックし、「適用」をクリック

GitS15

Git用ユーザーの権限付与

メインメニューから「Git Server」を起動します。

作成した「gitusers」にチェックを入れ、「適用」をクリック

GitS16

まとめ

これでNAS側の準備は終了です。
NAS側はさっくり終わりましたがここからが本番のWindows側の設定を行います。
Windows側の設定が思いの外、長くなったので別記事に移します。

Git Server セットアップ  〜Windowsアプリ編 〜
前回、NAS側にGit Serverを立ち上げました。 今回は引き続き、Windows側の設定を行う為、「Git for Window...
Pocket

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク