Crucial MX100 512GB購入

Pocket

以前より仕事でIO-DATAのポータブルHDD、HDPC-UT1.0Sを使っていました。

このHDD、ポータブルながら1TBとなかなかの容量で重宝していたのですが、ここ最近、HDDへのアクセスにやたらと時間がかかり始めました。

chkdskをかけても特に異常はありませんが、とにかく耐え難い遅さになってきたので、そろそろ寿命なのか?と思い、データがすっ飛ぶ前に移行を行おうと新しいHDDを購入しました。

今回、購入したのは今話題のCrusial MX100 512GBです。

SSDながら512GBが2万円前半で購入できるというコストパフォーマンスの非常に高いSSDです。

前HDDのより容量は小さくなりますが、ポータブルHDDとして持ち運ぶのは最低限のデータとし、こまめにバックアップを取るようにすればこれでも十分かと思います。

それに今のメインPCのSurface Pro2で初SSDを体験してしまい一度、SSDの速さになれてしまうともうHDDを購入したいと思えません。

物は近所のパソコン工房で購入し、価格は23,800円でした。

ネットではもう少し安いところもありますが、あまり価格差もありませんでしたし、この手のものは初期不良の事も考えると近場で購入した方がいいと思っています。

その思いがこの後、実現しかけるとは思いにもよりませんでしたが。。。

セットアップのワクワク感

新しいおもちゃものはセットアップするまでが一番楽しいですw

商品自体は至ってシンプル。

SSD01

思っていた以上にパッケージは小さかったです。

今回購入の目的はポータブルSSDとして使用する為なので一緒にこちらのSSD/HDDケースも購入しました。

これといった理由もなく、たまたま目に付いたものですが、HDDへのアクセスランプがケース外枠全体にラインのようにあり、アクセス中は結構派手に光ります。

わくわくを抑えきれず早速、SSDBをケースにセットし、いざ母艦のSurface Pro2に接続です。

さくさくっとディスクも認識させた後の儀式と言えばベンチマーク。新ハードを購入した時には避けては通れない道です。

MX100は公称値はリード550MB/s、ライト500MB/sとかなりの速さなので期待しつつ、定番のCrystalDiskMarkをいざ実行!!

ところが、初めのシーケンシャルリードの実行中、突然アクセスランプが消えてしまい、ベンチマークも失敗のメッセージが表示されただけではなく、SurfaceへのBluetoothマウスや、無線LANの接続までが消えるという大惨事が発生(T_T)

もしかして初期不良?

Surfaceを再起動するとBluetoothマウスや、無線LANは元に戻りましたが、何度やってもベンチマークはアクセス中に落ちてしまいます。

それどころか、ちょっと大きめのデータをコピーしても同じように落ちるではありませんか。

もしかしてケースが悪いのか?と思い、別のHDDで使用していたケースに入れ直してみても結果は同じです。

これはもしや禁断の「初期不良」なのか?

嫌な汗をかきながら、試しに別のノートPC(Windows7)に繋いで試してみると、なんとこちらは問題なく動作するではありませんか。

もう訳が分からず、この時点で深夜0時を超えていましたが、こんな状況で寝れる訳がありません。しかし、ググっても解決の糸口さえ見つかりません。

ノートPCとSurfaceの違いはOSぐらいしかなく、「もうこのSSDはWindows8では動かないんだ。明日、パソコン工房に返品に行こう」と訳の分からない結論を出しかけたとの時、まさにぴこーんと閃きが!!

まさかの結末

最後の悪あがきと、USB3.0ケーブルを交換してベンチマークを実行すると、なんと完走したではありませんか!!

何度やっても落ちる事なく完走したこのケーブル、何が違うかというと電源補助付きのケーブルで、電源補助ケーブルをつなぐと問題なく動作しました。

なんと原因は、電源供給不足でSSDが落ちていたのです。

工エエェェ(´д`)ェェエエ工工

いやいや、SSDの方が電力低いって謳い文句で売ってるのに電源不足とは思わないでしょ。。。。

この後、調べてみるとSurfaceのUSBは電源供給が低いらしく、ポータブルCD等が動かないという方もいるようです。

しかも、MX100の本体には5V 1.7Aと記載されており、なかなかの電力を使用するようです。

なんてこったい、単純にSSDにすればいいってものじゃないんだねぇ。。。

もし、返品に行っていたら赤っ恥を掻いていたところでした。

ノートPC、特にSurface Pro2でMX100を外付けとして使用したい方は消費電力にも注意が必要です。

おまけのベンチマーク

左がUSB3.0Hub経由、右がPC直繋ぎのベンチマークです。

Hub経由 直繋ぎ

PC直繋ぎの方が若干、速いですが公称値のリード550MB/s、ライト500MB/sには遠く及びません。

これはUSB3.0接続のケース経由だからでしょうか。

ちょっと残念な結果ですが、十分速さは体感出来るのでこれはこれでヨシとします。

ちなみにこちらがSurface Pro2 56GBの内蔵SSDのベンチマークです。

内蔵SSD

リードは速いのにライトが遅いという微妙な結果となりました(´・ω・`)

こっちの方が残念すぐる。。。

Pocket

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク