初心者でも大丈夫!! Synology DS216j 簡単セットアップ 〜 TimeMachine MAC設定〜

Pocket

前回、TimeMachineのNAS側の設定を行ったので、続いてMac側の設定を行います。 

初心者でも大丈夫!! Synology DS216j 簡単セットアップ 〜 TimeMachine NAS設定〜
DS216jとMacBook ProのTimeMachine設定のNAS側を設定します。

MacBook Proの設定

NAS側で設定した共有フォルダをTimeMachineバックアップ先として設定します。

共通設定

アップルメニュー − [システム環境設定] を選んで、[TimeMachine] をクリックします。

「ディスクを選択」をクリックします。

作成した共有フォルダを選択し、「ディスクを使用」ボタンをクリックします。

作成したユーザー名とパスワードを入力し、「接続」ボタンをクリックします。

しばらくすると自動的にバックアップが開始されます。 が、このあと独自設定を行うので、一旦、「バックアップを自動作成」のチェックを外し、バックアップを停止します。

独自設定

ここからは自分用の設定となります。 TimeMachineは初回のみHDD全体のバックアップを取得し、その後は更新のあったファイルのみを更新します。

ただ、自分が使用しているVMwareは、ディスクイメージは大体数十ギガバイトの巨大なバイナリデータで作成されています。 これが少しでも変更があるとTimeMachineでは全く異なるデータと認識され、毎回数十ギガバイトをバックアップし、時間と容量を無駄に消費してしまいます。

その為、TimeMachineからVMWareが保存されているフォルダを除外し、VMWare側は別の方法でバックアップをとれるようにします。

「オプション」をクリックします。

除外したいフォルダやファイルを追加します。VMWareの領域が大きい事が目立ちます。
「保存」ボタンをクリックします。

もう一度、「バックアップを自動作成」にチェックを入れると自動的にバックアップが開始されます。

すぐにバックアップを実行したい場合は「TimeMachineをメニューバーに表示」にチェックを入れ、メニューバーから「今すぐバックアップを作成」をクリックします。

まとめ

NAS側の設定でTimeMachine用ユーザーの上限を512GBにしたのは、自分のMacBook ProのSSD(512GB)の半分はVMWareで使用されています。 なので実質、使用できる容量は半分の256GB、その2倍という事で512GBにしています。

DS216jはクラウドへのバックアップも可能なので、基本書類関連はクラウドにSyncしているのでもっと減らしてもいい気はしますが、そこはお好み次第ですね。

これでPC本体のバックアップは完了です。 次はクラウド連携でのバックアップ、NAS本体のバックアップなど

Pocket

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. 磯野正人 より:

    NASの設定方法が詳しく記載されており,参考にさせていただいています。
    ありがとうございます!

    私もSynologyのNASを導入しました。
    前のページから,このページを参考に…

    と読んでみると,このページと次の「外付けHDD・・・」のページが
    同じ内容になっています。
    ぜひ,続きを読ませてください!

    • もりもり より:

      磯野さん
      申し訳ありませんでした。全く気付きませんでしたが記事が入れ変わっていました(^_^;)
      修正しましたので、ご参考になれば幸いです。