外付けHDDからNASへデータバックアップ

Pocket

MACのバックアップはTimeMachineで行ったので、外付けHDDのバックアップを行います。

外付けHDDのバックアップ

バックアップを行うHDDはBUFFALOのHD-PNFU3、2TBのHDDです。この中にあるVMWare関連のデータをNAS側にバックアップします。

問題発生

さっそくNAS背面のUSB3.0と外付けHDDを接続し、File Stationを確認してみると。。。何も表示されません。

「コントロールパネル」から「外部デバイス」を表示すると[USB Disk1]と表示されていますが、共有フォルダが<非共有>、使用量が0バイトになっていて、ファイルシステムには<exFAT をインストール>と表示されています。

もしかしてexFATがサポートされていないのか?と思い、Synologyのナレッジベースで調べてみると以下のような情報がありました。

Synology NAS は次のフォーマットを認識します。 Btrfs、ext3、ext4、FAT、FAT32、exFAT、HFS、HFS Plus、NTFS。 認識されない外部ディスクは、システムで使用する前にフォーマットする必要があります。  

フォーマットとしてexFATは認識できるようですが、その下の注意文に気になる記述が。

  1. 一部のモデルは HFS/HFS Plus に読み取り専用で対応しています。
  2. HFS/HFS Plus ではジャーナルはサポートされていません。
  3. Synology NAS が exFAT をサポートするには、パッケージ センター から exFAT Access をインストールする必要があります。 exFAT フォーマットをサポートする Synology 製品についてはSynology ウェブサイトをご覧ください。
  4. 外部ディスクのプラグを抜く前に、取り出してください。
  5. Btrfs は特定のモデルのみに使用できます。 Btrfs をサポートするモデルについては、この記事をご覧ください。

exFATはサポートしているようですが、認識させるにはパッケージセンターから「exFAT Access」をインストールさせる必要があるようです。

すぐにパッケージセンターで検索してみると。。。

有料でした(T_T)えー、まじっすか?

解決策

HDDはWindowsとMacの両方で使用するのでフォーマットはexFATにせざるを得ません。
その為、解決策としては二通り

  1. NTFSは読み込めたので、一度、PCからexFATからNTFSにコピーし、その後NASへコピー。
    ・・・すこぶる面倒です。
  2. 「exFAT Access」をインストール
    ・・・有料です

仕事上、exFATを変えるわけにはいかず、バックアップの度にいちいち移動させるのも面倒です。
「exFAT Access」は$3.99とそんなに高価ではありませんので背に腹は代えられず、パッケージを購入することにしました。

「exFAT Access」を購入すると自動的にインストールが開始されます。  
インストール後、外部デバイスを確認すると

見えるようになっていました!!

File Stationで確認すると[usbshare1]が表示されていますので、あとは必要なデータをNAS側にコピーします。

コピーはNAS側がバックグラウンドでやってくれるのでPCを落としても継続されているのは便利ですね。

まとめ

サポートはしているけど有料パッケージとは思いもよりませんでした。
しかしいくら言っても仕方がありませんし、出来るようになったので良しとします。

Pocket

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク